« 海外の杜撰さって | Main | アニメ状況 »

October 20, 2008

かんなぎ3話 山本監督と富野監督とか

かんなぎ3話も面白かった。映像的に面白いし、脚本も笑えるんだ。

2話めは無駄に必要以上に動くので見ていてうっとうしいと思うところの境目くらいの、なんというか、そこまでしたいなら実写でやればいいのにと思わせられる。
今思えば二重人格の件以外何やったか覚えてないもんね。

自分は3話くらいでだいたいの評価を済ませてしまうのですが、かんなぎは面白い。バンブーブレードを見なかったのが悔やまれるくらいだ。いや、見ませんけどね。

2話で動きすぎといったけど、3話も同じくらい動いてたと思う。ただ個々のカットのレイアウトなりが面白いし、レギュラーキャラが揃ってきたので前ほど無節操には感じなかった。
スライディングの所の個性のあるモブキャラなんてすごかった。巨乳派の所の間もよかった。

だけど雑誌のインタビュー読む限り、山本監督って富野監督が嫌いみたいみたい。でもこの二人は作業環境が違うので比べることができない。だいたい山本監督って数がないから比較するのは無茶苦茶なんだけど、原作付きしかやってないし、富野監督は4クールが多い。
だからヤマカンは十分に作画に時間を使うし、効率を考える必要が無いんだな。言ってみれば絵に頼り過ぎ。対してトミノは絵の繋ぎで何とかできてしまうのでとても安上がり。加えて作家みたいな仕事も兼任している。
全然カラーの違う監督なのだ。

| |

« 海外の杜撰さって | Main | アニメ状況 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference かんなぎ3話 山本監督と富野監督とか:

« 海外の杜撰さって | Main | アニメ状況 »