« バイトの初日 | Main | 無意識に買い物しすぎた »

May 13, 2010

発売前だけど不安の中に手を~の感想

いまドラゴンボール改を見たらクレジットに(べジータでお馴染み)R藤本さんの名前が!
本人のブログに確認に行ってみると、ちゃんと書いてありました。
判別できないだろうけどと。

そのブログ内のコメントにも「分からない」の嵐!
そりゃそうだ。フリーザの部下の声がべジータだったらおかしいじゃないか。
だから普段聞かないような声だったんだろうけど、想像だにしなかったよそんなこと。

 

話題2
槇原敬之フリークですが富野由悠季信者でもあります。そんな私、NHKラジオのゴールデンポップスという番組を聞きまして、結構前の話なんですが、6月末に発売予定のアルバム制作についての話の中で中年しゃべり場を槇原さんが見ていたという話が出ました。(追記:時期的に考えていた番組と違いました。)
「こんな世の中では子どもを生んでもきっと報われない」
「未来は作るものであって幸福が外からやってくると思うな」
という訳で次のアルバムのタイトルが『不安の中に手を突っ込んで』になったそうです。

「幸福がやってくると思うな」というのは正に番組内で富野監督が言っていたことなので、好意的に解釈すると、富野監督がインスピレーションを与えたんだと思って個人的に喜んでいます。


その収録曲が発表となりましたが、10曲と少しがっかり。
1.夜空にピース (ラジオで流れました。詩の当て方がいつもより詰まっている感じがした。)
2.幸せの鍵を胸に (ラジオで流れました。)
3.冬のコインランドリー (発売済み)
4.ビオラは歌う
5.フルサト (提供曲セルフカバー)
6.YOU GOTTA BE  (カバー)
7.不安の中に手を突っ込んで
8.ムゲンノカナタヘ~To infinity and beyond~ (発売済み)
9.In love again?
10.おさらばだ (セルフカバー 歌詞だけ変わるのかな?)

ちょっと待って、ラジオで2曲も流しちゃって、もうあと3曲しか新曲として聴けないよ。
ビオラの歌もきっとTV番組でアルバム発売前に聴くだろう。
でも発売よりだいぶ前なのにラジオで新曲が掛かったのは嬉しかったんです。
なんだか複雑な心境。

(手持ちの)ラジオなのでチューニングが狂わないように体をギュッと硬くして、噛みしめるように新鮮な新曲を味わうあの感じはとても幸せですよ。
ファーストコンタクトって素敵だなー。

| |

« バイトの初日 | Main | 無意識に買い物しすぎた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 発売前だけど不安の中に手を~の感想:

« バイトの初日 | Main | 無意識に買い物しすぎた »